防犯カメラの性能アップを実感

ずいぶん前、学生時代にバイト先で防犯カメラがついていて、
ふと録画された映像を見たことがありました。
その時は、ブラウン管でしたし、映像も細かいラインが入っているような感じで、
鮮明ではありませんでした。
万引きなどすれば、明らかであれば分かりますが、
遠いところにいる人の顔がどんな顔か間では分からなかった感じです。

そんな防犯カメラの映像を特に疑問に思ったことはありませんでしたが、
最近になって、今勤めている会社のロビーについている
防犯カメラの映像を見せてもらったんです。
そうしたら、かなり画質がアップしており、ズームにしても
人の顔の色合いやホクロまで、ハッキリ見えるような映像になっていました。
もう、バイト先で見たときから10年以上も経っているので
当たり前ではありますが、技術の進化にびっくりしました。
ここまで映像が鮮明になれば、
犯罪があっても犯人逮捕の手がかりになりやすそうだし、
少し心強いですね。